イエライフのロゴ

工法・仕様

構造


強い構造
安心・安全な
住まいのために

耐震等級2を実現する住宅設計

 木造建築物電算プログラム認定による構造計算を全棟で行い、耐震・耐雪・耐風の安全を確保し、壁量計算、壁の配置計画、接合部の強度、床倍率、基礎の剛性等の項目を検討して、耐震等級2を実現します。構造的に一、二階の柱や壁にズレが少なく、屋根 〜 二階 〜 一階 〜 基礎 〜 地盤へと素直に力の流れが伝わる構造であれば、地震に強いつくりとなります。間取りと構造の計画をする際は、同時に一体で考えることによりバランスの良い耐久性に優れたプランが出来上がります。



基礎部 イエライフ標準仕様(断熱性能:HEAT20 G1 水準)

地震に強い頑丈な基礎構造

 建物を長期間にわたり安全に支えるために強固な基礎構造とすることはとても重要です。また、中越地区は軟弱地盤が多く、適切な地盤対策の検討が必要になります。計画地における複数個所にスウェーデン式サウンディング試験による地盤調査を行い、調査結果を解析して最適な地盤改良施工を行い、強く安全な地盤を確保して基礎工事に取り掛かります。第三者保証機構による地盤保証期間は最長20年に及びます。基礎構造はベタ基礎を標準仕様として、スラブ面と立ち上がり部を同時に一体施工することで強度と耐久性に優れた基礎をつくります。一体打ち工法により湿気やシロアリの侵入を防ぐこともできます。


pagetop