イエライフのロゴ

工法・仕様

断熱・気密


一歩先を行く
より高い
省エネルギー住宅

寒く長い冬をあたたかく健康的にすごす

[ HEAT20 G1・G2水準の省エネ性能 ]

【図】寒く長い冬をあたたかく健康的にすごすイメージ

熱が逃げにくい家

C値=数値が小さいほど高断熱の図



すき間の少ない家

C値=数値が小さいほど高気密の図



HEAT20 (= 2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)

住宅の省エネルギー化、快適性の向上を目指し、住宅の断熱や気密について国の基準を上回る性能値としてG1、G2を定めている。

【 HEAT20 G1(= 2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)

冬の暖房負荷をH25年基準から20%程度削減

【 HEAT20 G2さらなる省エネルギーを追求した家

冬の暖房負荷をH25年基準から30%以上削減




小さなエネルギーで家中快適な低燃費住宅

 建築物に係るエネルギー消費量やCO2排出量の削減は国をあげて取り組んでいる課題であり、一歩先を行く、より高い省エネルギー住宅、光熱費を抑えた燃費のいい家をご提案します。また、住む人の健康を考える上で、温度差の少ない快適な高断熱高気密住宅は健康改善や医療費削減につながると考えています。

 断熱の技術や快適な室内環境について、HEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発)委員会は、国の断熱基準(平成25年省エネ基準)よりかなり高い水準値を示し、省エネ性とコストのバランス解をG1、省エネと環境の質の最適解をG2として定めています。
 イエライフではHEAT20 G1を標準仕様、HEAT20 G2を高性能仕様としてご提案します。



  • 【写真】高性能樹脂窓

    高性能樹脂窓

  • 【写真】セルロースファイバー

    セルロースファイバー


【図】イエライフ高性能仕様 断熱構造

イエライフ高性能仕様 断熱構造( HEAT20 G2 水準)


未来を見据えた高断熱性能

 家の断熱性を強化する上で、窓の断熱性能は大変重要になります。夏の遮熱、冬の断熱効果を高めるLow-Eガラスを採用した高性能樹脂窓を基本に、窓の大きさ・方位により、バランスよくペアガラスやトリプルガラスを採用します。ガラス空気層には、空気と比べて熱伝導率が低いアルゴンガスを封入し、窓の断熱効果をより高めています。

 断熱材は自然素材である木質繊維を利用したセルロースファイバーを採用し、専門の技術者がすき間なく確実に充填施工し気密を確保します。セルロースファイバーは優れた防露・調湿性があり、壁体内を適度な湿度に保ち結露を防ぎます。また防音効果が非常に高く、楽器演奏時や交通量の多い道路沿いの騒音対策にも効果があります。


pagetop