イエライフのロゴ

施工例

緑の中の光や風を楽しむくらし

IMGP1420◆ 長岡市郊外に木々に囲まれた広い土地を求められ、新たな住まいを計画されたK様。
 古家の解体や木の茂っていた庭の整備を経て、穏やかな切妻屋根が緑の中にしっくり馴染む住まいが完成しました。広いウッドデッキや間仕切りの少ないオープンな間取りも特徴で、窓の外に目を向けるといつも緑が見える何とも気持ちのよい環境です。
 お引き渡しから約半年が経つ新緑の季節。この土地での暮らしや住み心地についてお話を伺いました。

 

 

取材風景

●家づくりを始めたのはどんなきっかけでしたか。

 

ご夫婦: 以前は見附の街中に住んでいたのですが、子供たちが大きくなって子育てが落ち着き、「終の棲家」というんでしょうか、これからのことを考えるようになりました。暮らしや家について考えたときに自然の中で暮らしたいという思いが強く、それの叶う土地を探していて出会ったのがこの場所です。

 土地を先に決めたものの家をどうするか迷っていた時に小出建設さんを知って、身近にこんな会社があったんだね!とモデルハウスに伺いました。日本の家らしい深い軒や無垢材の床、素材の自然な雰囲気などがその時にとても気に入って、ここにお願いしようと決めました。今思えば見附に住んだこともこの家につながる縁だったのかもしれません。

 

IMGP1400

お打合せのときも笑顔が絶えず私たちも楽しくお話させていただきましたが、家づくりの過程で感じたことはありますか。

 

ご夫婦: いつも楽しくつい話し過ぎてしまいましたが(笑)、そんな何気ない会話から私たちの思いをうまくくみ取って、実際の提案に結び付けていただいたと思います。

 例えばモデルハウスでは窓に沿った小上がりが素敵でしたが、ここで暮らすなら部屋からデッキがフラットな方がいいということも提案いただいた内容の一つです。
 住んであらためて「こういうことだったんだ」と良さを感じる部分もとても多く、「私たちのここでの暮らし」にまさにぴったりの家を作っていただきました。IMGP1382

 当初、価格的な魅力から規格住宅も考えていましたが、外とつながるデッキが欲しい、光や風を生かした家にしたいと、希望を盛り込むとプラスが重なって結局価格が大きく上がり、決め手に欠けていたんです。
 注文住宅は考えることが多くて難しいと聞くこともありましたが、私たちの思いや予算的な希望を踏まえて提案をしていただけたので、安心してお任せできました。

 

IMGP1379

● 広々とした庭や緑が気持ちよい環境のお住まいで、普段はどんな風に暮らしていますか。

 

奥様: 晴れた日はもちろん、雨の日も、冬の雪の日も、いつも家族と犬たちとウッドデッキのまわりに集まって、外を見ながら食事をしたりおやつを食べたり。ここがみんなのお気に入りの場所になっています。

 犬もこの家に来てからすっかり落ち着いた様子で、人と一緒で何かを感じているんだと驚きました。
 
ご主人: デッキには軒があるので少しくらい雨が降っても気にならず、雨の日はむしろ雨を眺めに出たくなるんですよ。
 
ご夫婦: 光や風の入り方も、床や壁の質感も、住むほどに気持ちのいい家だと感じ、この土地のよいところを生かした家になってとても嬉しく思っています。
 
 
 
和室●間取りや家のつくり、冬の快適さなど、家の住み心地の面ではいかがですか。
 
奥様: まず引っ越しの時にとてもスムーズに荷物が片付いたことに驚きました。作り付けの収納は必要なところに必要なものが納まって、思った以上に使い勝手がいいと実感します。
 キッチンなど家事の導線も使いやすいので、昨年の大晦日はいつもよりずっと早くお正月の準備が終わり、家族と並んでテレビを見て過ごすことが出来たんですよ。
 IMGP1386c
 ご夫婦: 冬はエアコン一台で2階まで家全体が暖かく、以前の家との違いに驚きました。以前はエアコンだけでなく各部屋にストーブが必要だったので、引っ越して光熱費の面でもずいぶん変わりましたし、子供たちは冬も床で犬と一緒にごろごろしていたくらい、心地よく過ごしていました。
 
ご主人: 間仕切りの少ない間取りは、家族がどこで何をしているかいつも気配を感じられるところが気に入っていますし、冬は暖かさが家全体に行き渡ることを体感して、あらためてよさを感じます。
 
 
 
洗面SC●この土地と住まいを楽しんでおられることを何より嬉しく思いますが、これからの暮らしについて思うことはありますか。
 
ご夫婦: 何しろ庭が広いので、草取りをしたり土を耕したりやることがたくさんあり、手間のかかること、予想外のことももちろんありますが、家族みんなで「今日何した?」と成果を報告し合ったりするのもまた楽しい時間です。
 引っ越して半年、今度は芝を張ろうかとか、ウッドデッキをもう一段作ってもらおうかとか、これから手を入れたいところも多く、住み続ける楽しみがたくさんあることが嬉しい。
 庭でキャンプもできるね、なんて話もしていて、どこへ出かけなくても家が楽しい、家に居たくなる住まいです。
 
 

IMGP1422

◆取材を終えて

「子育ての真っ最中なら便利な街中を選んだかもしれず、外を楽しむ体力を考えるともっと歳を取ってからは難しかった。そう思うと子供たちと一緒に庭を楽しんだりできる今がちょうどいいタイミングだったのかな。」とお話くださったK様。いつも仲のよいご家族の姿に触れ、とても嬉しい気持ちになりました。
 また、K様が手を入れられ竣工時から見違えるようになった庭を拝見し、土地と人、暮らしを結ぶものが家なのだということをあらためて感じた取材の時間でした。
 取材にご協力いただき、誠にありがとうございました!

 

pagetop