イエライフのロゴ

施工例

好きを集めて暮らしを楽しむ住まい

 
IMGP7599 (2)
◆長岡駅にほど近い利便性のよい立地に、2階が住居、1階が賃貸住宅の賃貸併用住宅を計画されたC様。
長岡のアトリエで奥様に作品の販売などをしていただいたことがご縁となり、住まいづくりのお手伝いをさせていただきました。
大きな窓から明るい光が差し込む2階リビングのお住まいは、3人のお子様が居ながら間仕切りのない子供室や広いワークスペース、回遊性や家事導線のよさなどをワンフロアの中に取り入れた間取り。完成した家は素材や色の組み合わせ、ひとつひとつの器具の選択など、隅々まで住まい手のセンスが光る仕上がりとなりました。
お住まいになられてから約3カ月、お子様達の夏休みが始まって間もない頃に取材に訪問させていただき、奥様にお話を伺いました。
 

 

IMGP7600b●家づくりをはじめたきっかけや弊社にお話をいただくまでの経緯をお聞かせください。

C様: 父が電気工事の仕事をしているのを小さい時から見て育ったためか私自身ものづくりが好きだったのですが、結婚後は特に子供のものなどをいろいろ作れたらいいなという思いが生まれて、布や木を使った作品づくりを日頃からしていました。そこからアトリエに伺ったり作品を販売したりする機会が生まれたのが小出建設さんとの出会いです。

主人は新しい場所でどんどん新しいことに挑戦していきたい性格なので、実は一か所に留まって住む、マイホームを持つということを私達はもともとはあまり思い描いていなかったんですね。
ただ主人が賃貸経営や不動産業に興味を持っていて、この家が完成する前にも賃貸だけの計画や他の土地での計画を小出さんにご相談していたので、せっかくなら賃貸と併用の住宅にしよう、またお世話になっている小出建設さんにお願いしようということで話を進めていくことになりました。
 
 
 
●賃貸併用住宅ということで、住宅だけの場合とは違った土地探しの苦労などもあったのではないでしょうか。
 
C様: そうですね。土地探しは主に主人に任せていましたが、賃貸もあることで土地の広さや利便性が当然大切になってきますし、建物とはまた違って土地の価値は年数が経ってもあまり変わらないこともあって、土地探しはすごく重要なポイントと考えていました。不動産の方との関係も大切と思っていたので、主人はとにかくいろいろなところで話を聞き足を運んで土地を探していました。
小出さんにはこの広さのこの形の土地であればこういう計画ができるという配置計画からご相談に乗っていただいて、賃貸にしても普通ではなくデザインを重視したものしたいなど私達の思いに応えていただきました。
 
 
IMGP7616●C様のお住まいは1階が賃貸、2階のワンフロアが住居という形になりましたが、ワンフロアの住まいでの暮らしはいかがですか。
 
C様: ワンフロア最高!です(笑)
以前は2階建の戸建賃貸に住んでいたんですが、実際住んでみると意外と2階が使わないスペースになりがちだったので、今の方が家全体を無駄なく有効に使えて広がりがある。
2階が住まいということと南の窓も大きいので、とても明るくて曇っていても部屋の灯りがいらないくらい。風通しも本当にいいんです。
 
 
IMGP7556 ●家づくりの計画にあたり、これは叶えたいという思いはありましたか。
 
C様: キッチン・ダイニングとリビングを分けたいということと、キッチンから水回りにかけての導線の使いやすさには特にこだわりがありました。
前の家はLDKがひと続きで対面キッチンのカウンター越しにダイニングだったんですが、家族がリビングでワイワイしている時にキッチンが近すぎて家事に集中できないのが気になっていたのと、食事をしていても「お箸取って!」とかちょっとしたことでテーブルからキッチンに回り込んで何往復もしないといけないところがすごく使いにくかったんです。
デザインの面でも当初から思い描いていたものがあって、無垢の木に無機質な素材を合わせてナチュラルになりすぎないこと、色は黒やグレーでまとめることなどかなり具体的にイメージしていました。
 
 
IMGP7561c●間取りについて、リビングから広いワークスペースが続き少し離れてダイニングキッチン、またキッチン・ダイニング・洗濯室がすぐに行き来できる家事のしやすい導線を実現したお住まいとなりましたが、実際の使い勝手はいかがですか。
 
C様: リビングの子供達に目が届きつつもキッチンまでほどよい距離があるので、キッチンでは少し音楽をかけてほっとする自分の時間が持てたり、食事の時に何度も立ったり座ったりしなくても脇の収納から物がぱっと取れたり、とても使い勝手がいいです。
横の洗面・洗濯室と併せてキッチン周り1カ所で家事が完結するのもいい。
施工例をいろいろ探して決めた洗面のデザインや、これだ!と当初から一目惚れしていてキッチンの足元に使ったSOLIDOという面材、目地のデザインにこだわって選んだグレーのフロアタイル、迷いつつも一つずつ選んで決めたものもお気に入りになっています。
 
 
IMGP7610
●お子様に個室をと考えることも多い中、3人のお子様が居ながら子供室を仕切らず一部屋にし、ワークスペースを広くした間取りについてはいかがですか。
 
C様: もともと主人も子供はどんどん外の世界を見て外へ出ていって欲しいという考えだったので、子供部屋をそれぞれ作って勉強机を置いてということは当初から考えていなかったんです。
実際暮らしてからもワークスペースの一部が息子のパソコンの場所、隣で娘がお絵かきしたりという過ごし方をしていますし、将来子供たちが居なくなる時のことを考えるとフレキシブルに使えて無駄がなくていいなと思っています。
はじめワークスペースはもう少し狭くて子供室の広さを優先した計画だったんですが、子供室は今のスペースで十分だし、子供はあちこち動き回るから椅子に座っている時に後ろを通っても邪魔にならないこの広さにしてもらってよかったなと思っています。
 
 
IMGP7575●お打ち合わせでは素材選びやデザイン、物の収納場所など細かなところまで具体的なご要望をお聞かせいただいて作っていったC様のお住まい。今日伺ってあらためてインテリアや小物の飾り方なども素敵ですが、暮らし方のコツなどはあるのでしょうか。
 
C様: 5年ほど前に整理収納アドバイザーの資格を取ったことで物の持ち方が変わったというのは一つの大きなポイントかなと思います。
どこに何を置くかをはっきりさせて、無駄なものを処分する。使う家電や収納ケースの寸法などは事前に書き出して、図を描いてお願いしたので、キッチンや洗面などよくよく考えていたところはやっぱり思い通りの使い勝手です!
デザインの面でも当初から要望書にしてお願いするくらいイメージがあったので、それを曲げずにまとめているのがいいんだろうなと思います。
 
 
IMGP7644●今回は奥様がDIYで子供室の壁を仕上げておられますが、DIYに興味があってもなかなか出来ない方もいると思います。実際されてみていかがでしたか。
 
C様: すごく大変でした…!いろいろ重なって疲れもあり熱を出してしまったくらい…(笑)ペイントと塗り壁なんですが、塗る作業そのものよりその前の養生が…
でも以前から左官に興味があって、職人さんが鏝を使うところを見ながらあれをやってみたい!と思っていたので、塗る作業はすごく楽しくて意外と短時間でできたんですよ。
 
 
●デザインや使い勝手、DIYでの壁仕上げなど、家づくりにあたって思い描いていたことは実現できたでしょうか。
 
C様: はい。本当に要望通りに叶えていただいたなと感じています。
今の家に住んでからは、好きなグリーンを楽しんだり、姉に貰って仕舞ったままになっていたガラスの器を飾ったり、以前はどうせやっても映えないからいいやって諦めていたことを楽しめるようになっています。
 
 
IMGP7627●イメージを実現できたお住まいということですが、もしこれから家を建てる方にここはもっとこうすればいいよとアドバイスするならどんなことがありますか。
また今日一緒にお話し出来なかったご主人からは何かメッセージなどありますか。
 
C様: 収納の棚の高さなど最後の方はさすがに考えきれなかったところもあって、あともう少し高さがこうだったらブーツがぴったり納まるのに!というような点は少し残ったので、やっぱり事前に持ち物を把握してよく考えるのは大切だなと思いました。
主人からは、もし我が家を見たいという方がいたらぜひ見に来てくださいと伝えておいて!と聞いています(笑)

IMGP7621

◆取材を終えて
C様の家づくりの過程では、ご自身もものづくりが得意な奥様から私達がアイディアや気づきをいただくこともたくさんありました。
取材後にもC様よりメールをいただき、あらためて考えてみると、朝起きて光を家に入れる、丁寧にコーヒーを入れる、植物を育てたり掃除をして家を綺麗にしたりする、そういう一つ一つを楽しんで丁寧に暮らせるようになったというなんとも嬉しい言葉が綴られていました。
C様と一緒に家づくりをさせていただいたことへ、あらためてこの場で感謝申し上げます。

 

 

IMGP7555bIMGP7598bIMGP7653c

 a.  クロスのイエローとDIYのペイントによるオレンジの壁が楽しい子供室の一角。あえて扉で隠さず、住みながら自由に作っていける収納スペースです。

b.  深いグリーンのクロスが印象的な書斎。隣のウォークインクローゼットには壁紙と同じ色だ!と見つけた布で作ったという奥様自作のカーテンがかかっていました。

c.  エントランスにも寄せ植えなどが置かれ、暮らしを楽しんでおられる様子が伝わってきます。

 

 

pagetop