イエライフのロゴ

西蒲区I様邸 現場レポート

現在西蒲区で工事が進行中のI様邸。

UA値0.33W/㎡K(QPEX計算値)、HAET20 G2水準を上回る高断熱仕様+床下エアコンによる暖房計画となる住まいです。

 

IMG_5328

 

 IMG_7992 B

 

基礎は今回もベース、立ち上がり一体打ちのベタ基礎。

長岡のモデルハウスと同じように、立ち上がりを通常よりも約20cm高く作ることで床下区間に余裕をもたせ、基礎内のメンテナンスがしやすいよう計画しています。

 

IMG_5376

 

IMG_3083 B

 

9月の終わりに無事上棟を迎え、その後木材の防蟻処理を行っています。

人への毒性の心配がない、ホウ素を原料とした防蟻材。決められた高さまで確実に施工します。

 

IMG_5431

 

IMG_5560

 

IMG_8201

 

その後は基礎や壁の断熱材施工へと続きます。

床下エアコンでの暖房を実現するために重要となる基礎断熱。ベースの外周1mと立ち上がり内側に断熱材を施工し、立ち上がりの断熱は100mmの厚い層を設けています。

 

IMG_5609

 

壁・天井は今回もセルロースファイバー吹き込みでの断熱。

表面の不織布がきっちりと張って、隙間なく確実に断熱材が施工されていることがわかります。

 

IMG_8193

 

吹き込み後、気密シートの施工も完了しました。

 

IMG_8206

 

IMG_8200

 

引き続き内部、外部の木工事が進んでいきます。

軒裏・天井のレッドシダー無塗装の羽目板はI様邸のポイントの一つ。一枚づつ手で貼って仕上げていく羽目板は手間のかかる工程ではありますが、仕上がりが楽しみな部分です。

 

/hasegawa

pagetop