イエライフのロゴ

断熱性能の話-UA値とは?

長岡市のK邸は、壁の断熱材セルロースファイバーの吹き込みの施工が行われました。

 

IMG_0696

 

IMG_0685 (2)

 

現場レポートの中でも何度か壁や床面の断熱施工について触れてきましたが、家づくりを考えている方で「高気密・高断熱」という言葉を聞いたことがない方はほとんどいないと思います。

 

ただ、あらためて何をもって高断熱の家なのか、どれくらい高断熱にすればいいのかと聞かれると、「?」が浮かぶかもしれません。

わかるようでなかなかすっきりしない、それが断熱の話ではないでしょうか。

 

 

 

こちらのページでも弊社の断熱仕様についてご紹介していますが、家の断熱性能を表す指標として現在使われているのは「UA値」という値です。

 

会社案内 断熱のページ ブログ掲載用 (3)

 

「U値」は熱貫流率。壁や床など部分ごとの熱の伝わりやすさを表します。

 

「UA値」はU値のアベレージ=平均。天井・壁・床・基礎・開口といった家の外側(外皮)全体を平均した熱の伝わりやすさのことです。

つまりUA値が小さいほど熱が伝わりにくい=高断熱の家となるわけです。

 

 

 

ではUA値がどれくらいだと高断熱と言えるのか…という疑問。

 

一つの目安としては、国の省エネ基準(平成25年改訂)があります。

基準とされるUA値は、長岡市を例にすると0.75W/㎡K。

 

これが一つの最低ラインと言えるので、この値さえクリアすればいいとも考えられますが、より少ないエネルギーで心地よく暮らしていただくには?と考え、現在イエライフでは「HEAT20 G1」水準の断熱性能を標準としてご提案しています。

 

HEAT20とは有識者などからなる民間の委員会で、住宅のさらなる省エネルギー化を目指し、「G1」「G2」2つの段階による断熱性能の目標値を示しています。

先ほどと同じく長岡市を例に見ると、「G1」の目標値は0.46 W/㎡K、「G2」は0.34W/㎡K。

国の基準を大幅に上回る値です。

 

 会社案内 断熱のページ ブログ掲載用 (4)

 

「G1」は断熱性能とそれを実現するためにかかるコストのバランスの最適解とされ、「G2」はさらなる断熱性能を追求した値とされています。

もちろん、よりコストをかければ断熱性能を上げることができますが、初期コストや家に住み続けたときにかかる冷暖房費全体を考えたときに、G1の水準をまずはご提案したい断熱性能とし、状況に応じてそれ以上やG2水準のご提案を行うよう、私たちは考えています。

 

 

 

ところでこの「UA値」、数字だけ見てもいまいちその大小が判断できにくいもの。

「W/㎡K」の意味は、「内と外の温度差が1K(ケルビン:1℃とほぼ同意と考える)の時、1㎡あたり1秒に〇Wのエネルギーが伝わる」というようなことです。

 

そう言われてもやっぱりわかりにくいですね…。

 

では例えばこのUA値が0.1 W/㎡K違うとはどういうことでしょうか。

 

仮に30坪前後の標準的な家で、外皮面積が300㎡だったとします。

真冬で外気温0度・内気温20度の温度差があるとする場合、UA値が0.1 W/㎡K違うと…

0.1W/㎡K×300㎡×20K で 家全体で600 Wとなります。

 

600Wというと大体こたつ一台分の消費電力がこれくらいです。

20度の温度差が内外にあるとき、これだけのエネルギーが1秒間に家から逃げていくと考えると少しイメージが沸きやすく、効率よく冷暖房を使うためには断熱性能を上げることが重要だとわかります。

 

 

 

なんだか堅い話が話が長くなってしまいましたが、今後もわかるようでわかりにくい断熱のことを身近に感じていただけるような話題をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 /hasegawa

pagetop