イエライフのロゴ

長岡市S邸 現場レポート①

現在長岡市内で工事が進行中のS邸。

 

7月の終わりころに地鎮祭、その後基礎工事が続き、先日9月のはじめに無事上棟を迎えました。

 

IMG_1017

 

IMG_1026

 

上棟から数日、透湿防水シートの施工も終わり、現在は屋根の施工や窓の取り付けが進んでいます。

 

IMG_1102

 

IMG_1060

 

窓は断熱性に優れた樹脂サッシを採用しています。

 

IMG_1066

 

窓枠の設置中。

内側、外側両方から枠を支えつつ歪みのないように対角の寸法を取り、慎重に設置していきます。

 

 IMG_1069

 

設置後は窓のまわりを防水テープでぴったりと処理。 

 

IMG_1098

 

設置が完了した窓。

 

 IMG_1099

 

リビングからウッドデッキへ続く南面には、広い掃き出し窓を取っています。 

 

窓のサイズや配置は、リビング、水周り、寝室などそれぞれの部屋での過ごし方や必要な明るさ、外観を見たときの家全体のバランスなどを考慮して決定。

 

 

断熱性能の面でも窓の性能を上げることは重要なポイントとなるため、熱を伝えにくいアルゴンガス入りのペアガラス、樹脂枠のサッシを標準的に採用しています。

日本ではアルミ枠のサッシが長く一般的でしたが、樹脂はアルミに比べ熱の伝導率が約1000分の一と非常に小さい素材。断熱・結露防止の点で樹脂窓はとても効果の高いものです。

 

 

窓はどんな家にもあっていつも何気なく触れるものですが、光や熱、風や風景を家に取り込み、外部とのつながりをつくる大切な役割を持つもの。

 性能やデザイン、コスト、また確実な施工も含めてバランスのよいご提案を出来るよう心掛けています。

 

 

 /hasegawa

 

 

pagetop