イエライフのロゴ

クロスタウン旭岡 住宅展開催!

いよいよ明日から、長岡クロスタウン旭岡にて9日間の住宅展が開催されます。
今回のモデルハウスは、インナーガレージや高床式ではなく、純然たる木造3階建て住居になります。
s-IMG_7151a

3階建ての理由は、「大きく立派に」ではなく、むしろ「小さく機能的に」つくることを心掛け、家族構成が変化しても、変わらず魅力的に次世代へと永く住み継ぐことができる家を目指しました。建坪(基礎)を小さく抑えることで、敷地(69坪)にゆとりが生まれ、3~4台分の駐車場を確保しながら、緑に囲まれた豊かな庭や家庭菜園を楽しむ事ができる。大雪時の充分な堆雪スペースも確保する。これらが大まかな設計コンセプトです。ですので、3階建てでもそれほど高くはなく、威圧感はありません。

s-IMG_7108a

1階には、落ち着いた雰囲気の和室があり、大開口の窓からウッドデッキを介して庭とつながる。デッキにある沓脱石は庭との距離をより一層縮めています。押入は布団が納まるサイズを確保して、寝室としても利用でき実用的。親御さんとの同居も意識しています。
s-IMG_7212

2階は家の中心となるLDK。階段を上がったスペースに本棚や吊戸棚、引出しの付いた家事コーナーがあり、PCやお子さんの勉強や遊びのスペースとなる。大抵のリビング収納はこの場所に納まる。
s-IMG_7277

16帖のLDK南面には、フルオープンできる高性能な木製サッシを備え、ベランダから庭の緑を楽しむことができる。深い軒の出のある、広々としたベランダは洗濯物や布団を干すにも便利。明るく風通しの良い2階リビングは、プライバシーが確保され、のびのびと開放的な時間を過ごすことができます。
s-IMG_7255

家づくりにおいて、子ども部屋の要望は当然にあります。必要であるのは一時的であるかもしれないが、やはり一人一つの個室がほしいとの要望は強くあります。その上、できれば書斎や家事室もほしいとの要望もある。そんな願いをすべて3階に詰め込んでいます。
s-IMG_7300

広々とした子供室は、屋根の軒先の方は低いまま、小屋裏スペースを有効利用して無駄な空間をなくし、屋根の傾斜なりに梁を表して開放感のある空間に仕上げています。タタミの家事室は、2階リビングからの暖気を利用して、冬場の室内干しスペースとして活用。掘り込み式のカウンターを備え、書斎としても落ち着く空間であります。
s-IMG_7307

他にも随所に見所がありますので、是非ご来場いただきたいと思います。
住宅展の後は予約制で公開します。
では、皆さまのご来場をお待ちしております。

/naoki

 

pagetop